日大通信

【日大通信】3年間で34通書いた私のリポート書き方紹介!

みなさん、お疲れ様です。

私は2020年3月に、日大通信を卒業しました。

2017年3月に3年次編入し、2年で卒業する予定が3年かかってしまいましたが、仕事と子育てを両立しながら、なんとか全ての単位を取り終えることができました。

私は主に「リポート提出+科目習得試験」、または「リポート提出+メディア授業」で乗り切りました。

4単位の科目はリポート2通が必要なので、3年間で書いたリポート総数は34通

科目で言うと、19科目においてリポートを提出したことになります

その経験を元に、私がどのようにリポートを書いていたのか紹介したいと思います。

こんな書き方もあるんだ、と参考にしていただければ幸いです。

課題をよく読む

まずはリポート課題をよく読み、問われている内容をしっかり把握します。

書くことをまとめる

教科書、参考文献を元に、大まかに下書きをします。

リポート課題に提示されているキーワードは必ず含めるようにします。

Wordを立ち上げ、とりあえず書いていく

Wordを立ち上げ、下書きを元にどんどん書いていきます。

文字数をチェックする

Wordの下の方で現在の文字数を確認しながら、書き進めます。

日大通信のリポート用紙10ページいっぱいに書くとすると2000文字なので、だいたい1500文字以上くらいになったら、そろそろ次の準備をします。

Wordを原稿用紙モードにする

だいたいの文字数になったら、Wordを原稿用紙モードにして、実際のマス目付きリポート用紙に書き写したらどのようになるか見てみます。

まずレイアウトを選択し、「原稿用紙設定」を開きます。

下の画像で黄色の枠で囲っている通りに設定します。


日大通信のリポート用紙と同じレイアウトにできました。

あとはバランスを見ながら、書き足したり、いらない文を削除したりして仕上げていきます。

Wordで書いた原稿をひたすらリポート用紙に書き写す

私のやり方は、上で完成した原稿用紙レイアウトのWordをプリントアウトするのではなく、いつでも修正できるようにWordを開きっぱなしにしながら書き写していきます。

完成したと思っても、書き写しているうちに「こっちの表現の方がいいな」などと、細かい修正をしたくなるものです。

一文字でも、句読点だけでも修正すると、マス目の位置が変わるので、修正するたびに修正後のレイアウトを見ながら書き写します。

そうすることで、脱字をしてもすぐミスに気付けます。

その他

できるだけ10ページ全部に書くのがいいです。

参考文献は必須ではありませんが、教科によっては「教科書の情報しかない」と落とされてしまうこともあります。

私は図書館に行く時間が取れなかったので、メルカリで参考文献を安く購入したり、あとはネットで情報を得ていました。

ネットで得た情報でも、参考文献のところにきちんとURLを記載します。

まとめ

以上、日大通信のリポートの書き方について紹介しました。

ご存知かとは思いますが、日大通信のリポートは成績に関係ありません。

合格か、不合格か、のどちらかです。

不合格であれば、返却時に記載される採点者からのコメントをよく読んで、書き直して再提出すればいいです。

また、リポートが不合格でも、締め切りまでに提出していれば、科目修得試験の受験申し込みはできます。

私は34通中、6通は再提出でした。

どんどん書きましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
Ka
カナダ在住の大学院生、そして一児の母です。 2020年3月に日本大学通信教育部を卒業し、2020年秋にカナダの大学院に入学しました。 コロナの影響で秋学期はオンラインで修了し、2021年1月にやっとカナダに入国しました。 主に、自分と子供の英語学習、通信制大学の勉強法、海外大学院受験などについて書いています。 自分も普段から色々な方のブログを参考にさせていただき調べ物などをしているので、少しでも何かのお役に立てる情報を残せればと思います。