カナダ生活

【カナダ生活】6歳女子、カナダでの夏休みの過ごし方

みなさん、お疲れ様です。

カナダに来て半年が経ち、娘は6月にキンダーガーテンを終えました。

そして、0歳から保育園育ちの娘は経験したことがなかった、長い長い夏休みに突入です。

今日は、娘の初カナダ夏休み生活を記録に残してみたいと思います。

サマーキャンプ

まず、娘の生活のメインはサマーキャンプ!

念のため補足すると、キャンプと言っても大自然の中テントを張って寝泊まりするキャンプではなく、

日帰りでアートやスポーツなどをテーマにしたアクティビティができるプログラムです。

デイケアのように朝から夕方までのプログラムもありますし、習い事感覚で通える短時間のキャンプもたくさんあります。

夏休みの間私も授業はありませんが、修士論文に向けた研究は続けなければいけないので、ずっと娘の相手をするわけにはいきません。

なので、小学校に併設されている学童のような施設で行われるキャンプに6週間申し込みました。

朝の9時から17時くらいまで毎日お世話になっていて、今日でちょうど4週目を終えたところです。

娘の感想はというと…

「めっちゃ楽しい!!!」だそうです笑

週ごとにテーマが分かれていて、サイエンスウィークや、アートウィーク、オーシャンウィークなどがあります。

ここで、娘の楽しいポイント!

  • 毎日プレイグラウンドで遊べる!(近隣のいろいろなプレイグラウンドに出かけるそうです)
  • たくさんビーチに行ける!(徒歩で行けるビーチが2カ所あります)
  • 知ってるお友達もたくさんいる!(キンダーで仲良くなった子が何人か参加しています)
  • 早く来た子から自由に遊べるから日本の保育園みたい!(カナダの小学校は、朝はみんな同じ時間に整列してみんな一緒に教室に入ります)
  • たくさん工作できる!(お絵描き、工作、粘土、ビーズアクセサリーなど、いろんなものを作って持って帰ってきます)
↑今モアナに激ハマり中の娘が、工作の時間に作ってきました



このように、娘は毎日8時間、英語漬けでキャンプ生活を楽しんでいるわけです。

一方私は、その間家にこもって黙々と研究資料を漁る日々です。(日本語の資料込)

誰とも話さない日も普通にあります。

英語の上達に関して、娘との差が歴然です笑。

キャンプを通して、これまで以上に英語での生活に馴染んでくれたことは大きな収穫ですね。

英語がまだ不自由な状態でキンダーに入学しましたが、そのギャップは大分埋まってきたのではないかと思います。

ただ、もちろん料金はかかりますよね…。

娘が通っているキャンプは週200ドルです。

200ドル × 6週間 = 1200ドル

約10万円…

日本で娘をこういうプログラムに入れたことがないので、これがすごく大きな出費なのか、まあこんなもんやろ程度なのかよくわかりませんが、親子留学中のシングルマザーにとって10万円の支出は結構きついですね笑

今回たまたま私が、1年時の成績に応じて支給される学内奨学金を少しいただけたので、これも学業のため!と割り切って6週間申し込みましたが、それがなかったらもう少し短期間にしていたかもしれません。

まあ今年の夏は日本に帰れないし、娘がこれだけ楽しんでくれているのでよしとします。。。笑

お友達のお誕生日会に参加

カナダに来て、初めてお友達のお誕生会に招待されました!

キンダーでも仲良しだった子がキャンプにもいて、誘ってくれたようです。

初めてのカナダ式お誕生日会、私はすごく緊張しました笑

プレゼントはいくらくらい?ギフトレシートつけた方がいいの?時間ぴったりに行かない方がいい?付き添いの親たちと何話す?

などなど不安は尽きません。

一方の娘は、初めてお誕生日会にお呼ばれして大興奮!

プレゼントは娘と一緒にWalmartのおもちゃ売り場に、20ドル程度と予算を決めて選びに行きました。

娘も以前欲しがっていた、ヘアアレンジが楽しめるお人形を購入し、それに写真やステッカーなどで娘が自分でデコったバースデーカードをつけました。

一応ギフトレシートも発行してもらって一緒に入れたのですが、プレゼントの開封が外でワーーーッと行われたので、ラッピングペーパーと一緒にどこかに行ってしまったのではないかと思っています笑

パーティー当日には、時間ぴったりに現れたのは案の定私と娘だけでした笑

他のお友達は伝えられていた開始時間を過ぎてからパラパラと集まり始めました。

開催場所はお誕生日の子の自宅裏庭で、トランポリンのような遊具やウォータースライドなどが用意してあり、娘も大喜びで遊びました。

そのあとは子供達が輪になってのパーティーゲームや、プレゼント開封タイム、バースデーソングを歌ってみんなでカップケーキを食べるなど、楽しいイベント盛りだくさんでした。(準備してくれた親御さん、本当大変だったと思います)

そして最後にお土産として「グッディーバッグ(Goody bag)」をもらい、入っていたミニシャボン玉や初めてのタトゥーシールなどに終始大興奮の娘でした。

こうして、娘の初お呼ばれはとてもいい思い出になりました。

初のカナダ国内旅行(予定)

BC州ではコロナの制限も徐々に緩和されつつあるので、娘のキャンプが終わったら初めてバンクーバーに行ってみることにしました!

私の住んでいるビクトリアからフェリーで行けて、そしてまたそのフェリーからの景色が素晴らしいとのことです。

今のところバンクーバーでやりたいことと言えば、娘はCoco(台湾で気に入ったタピオカミルクティーの店)に行くこと、私はダイソーに行くこと…。

出発前にもっと観光名所を調べて、楽しい旅行にしたいと思います笑

夏休み編その②として、次回ブログにアップしてみたいと思います!

まとめ

以上、娘の初カナダ夏休みについてまとめてみました。

もうすぐ8月、夏休み最後の月です。

私の春学期が終わったのが4月、そこからたっぷり研究に使える時間があったはずなのに、まだまだやることが残っています…。

残り1ヶ月、ほどほどに夏を楽しみながら修論準備頑張ります。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
Ka
カナダ在住の大学院生、そして一児の母です。 2020年3月に日本大学通信教育部を卒業し、2020年秋にカナダの大学院に入学しました。 コロナの影響で秋学期はオンラインで修了し、2021年1月にやっとカナダに入国しました。 主に、自分と子供の英語学習、通信制大学の勉強法、海外大学院受験などについて書いています。 自分も普段から色々な方のブログを参考にさせていただき調べ物などをしているので、少しでも何かのお役に立てる情報を残せればと思います。